CKのモジュール性

モジュールは短時間をコンセプトに設計されており、製品の納品からお客様仕様への変更までが極めてスムーズです。モジュラー構造により、ロトルクは多種多様なお客様の用途に最適なソリューションを提供することができるのです

モータースイッチギア
標準型のCKアクチュエータやCKRアクチュエータは、Centronik制御モジュールを取り付ける(遠方に取り付けることも直付けすることも可能)と、モータースイッチギア内蔵のCKcアクチュエータとなります。
取り付け方式は、汎用性の高いプラグ&ソケット接続を採用しており、Centronik制御モジュールは、こうしたバージョンアップを見据えた設計となっています。

 

スターターの遠方設置

高温であったり、激しく震動する場所で使用する場合、CKCやCKRCアクチュエータのCentronikモジュールを遠方に設置することもできます(オプション対応)。ケーブルの長さは最大100メートルに及びますので、このケーブルによって、バルブの設置スペースに制約がある場合でもCentronik搭載アクチュエータにアクセスすることができます。

 

CKモジュールの取り付け方向
CKアクチュエータのプラグ及びソケット接続部は全て、90°単位で360°まで回転させられますので各現場に最適な配線を行うことができます。さらに、Centronikモジュールのインターフェースカバーと外付けモジュールのカバーも90°単位で回転させられますので、フィードバックの内容を簡単に目で確認することができます。