電磁弁のスティッキング現象

電磁弁のスティッキング現象

グラフは、遮断弁が動作しているが性能が低下しているシステムを例にとって説明しています。

ソレノイドの切り替え(青色の楕円で囲んだ部分)に時間を要するため、黒色のグラフは赤色のグラフを右にずらしたような形状になります。遮断弁は、状態を切り替えるのに以前より時間がかっています。SVMシステムは、この時間をミリ秒まで計測することができるため、ユーザーは故障が報告されるより前に、必要な性能のしきい値を容易に設定することができます。

ソレノイドだけでなく、パイロット弁、シャトル弁あるいは急速排気弁が取り付けられている場合は、それらについても、グラフのこの部分で確認することができます。

SMV Sticking Solenoid Valve