サプライヤーオンボーディング

サプライヤーオンボーディング

サプライヤーオンボーディングがスムーズ且つシンプルであることは、ロトルクとサプライヤーとの間に、生産的で好ましい関係を築く上で重要です。当社は、手続きをできる限り簡素化し、新規サプライヤーが当社の現行のシステムにスムーズに統合されるように取り組んでいます。

オンボーディングプロセスの一環として、当社では、新規サプライヤーと営業上及び品質上の要件について見直しを行っています。サプライヤーオンボーディングにおける営業上の要件は、我々が共同ビジネスを開始する前にサプライヤーが把握、行動し、整理しておくべき様々な事柄に関連しています。ロトルクの品質管理チームは、ロトルクに提供される商品の種類ごとに要件とプロセスを設けています。品質管理チームはサプライヤーと連携して、受注前にこれらが設定されていることを確認します。品質要件には、配送範囲及びパッケージの設計に関する要件、サプライヤーの品質保証及び電子機器サプライヤーに関する要件が含まれています。

革新的なパートナーとの関係

ロトルクは、革新的な技術、ソリューション及び手順に特化した、あるいはそれを専門とするサプライヤーやパートナーと協力関係を築きたいと考えています。当社のビジョンを共有し、当社の成功に貢献することができるサプライヤーと良好な関係を築くことで会社が発展することを認識しています。

グローバル公認サプライヤーリスト(ASL)

重要段階についてはグローバル公認サプライヤーリスト(ASL)に掲載されています。公認サプライヤーリストに掲載されたサプライヤーは、ロトルクの全拠点に製品やサービスを提供することが可能です。このプロセスでは、サプライヤーが当社の行動規範、倫理観及び価値観を遵守し、ロトルクに相応しいことを確認するため、厳しく、競争の激しいプロセスとなります。コストと価格が必ずしも決め手となるわけではありませんが、ロトルクは様々な基準で見るようにしています。当社は、最も生産的且つ可能な限りの相互利益を生み出せる関係を築きたいと考えており、グローバル公認サプライヤーリストに掲載する前に精査・分析を行って上述のようなパートナーであることを確認しています。

守秘義務

全てのサプライヤーには守秘義務があり、秘密保持契約書に署名するか、(個別の)契約書の秘密保持条項に従わなければなりません。

出荷

出荷及び梱包に関しても条件があり、その条件に従わなければなりません。商品はロトルク指定のパッケージに梱包しなければならず、また、毎回商業書類や出荷書類を添付する必要があります。