将来的見通し

将来的な見通しについて:2018年上半期の結果

2018年上半期は、第1四半期に大型注文を数件受注したことに加え、2017年度第4四半期の好調な市場傾向の継続が見られました。

我々は、市場ルート、製品・プロセス開発手順、作業履歴、サプライチェーン、能力及びITシステムを大々的に見直し、殆どの業務についてデータを取得し、分析を行いました。

我々の急成長計画の実行の手助けとなるよう、サービス基盤の拡大、業務及び調達に関する専門知識の向上、ITへの投資の加速等の投資プログラムを開始しました。

経営陣は引き続き稼働率の向上に期待しています。今年度は昨年度に比べ1桁後半の増収を示し、通貨の逆風は現在の為替レートで約3%まで低下するものと予想しています。調整後営業利益率が前年度を僅かに上回ると予想しています。