引き続きの投資によってロトルク製品の信頼性を保証する

引き続きの投資によってロトルク製品の信頼性を保証する

言語: English, Русский, 日本語

13/04/2015

ロトルクのエンジニアは、約60年という会社の歴史の中で、常にお客様の課題を解決し、新たなフロー制御ソリューションを開発することを重視してきました。直ぐに採用可能な革新的な製品もあれば、お客様に提供できるようになるまでに、かなりの時間を費やして試験や評価及び認証を行った製品もあります。

従って、製品試験への投資はロトルクの方針における重要部分であり、ロトルクが世界で最も信頼性の高いバルブ駆動製品を製造する企業であることを保証してくれるのです。

これを証明する事実として、ロトルクは、実際にバース(イギリス)にある自社電動アクチュエータ製造工場の製品評価研究所を拡張しています。この施設には、研究開発において、長年に渡る成功の実績があり、IQ非貫通型インテリジェントアクチュエータやCVA調整弁用電動アクチュエータのような革新的かつ市場随一の技術の導入に貢献しました。

拡張された研究所の1区画には、試験リグ及びデータ収集システムが新たに設置され、原子力向けアクチュエータ製品の試験回数が増えました。原子力アプリケーションや原子力向け機器の認定におけるロトルクの幅広い経験が新製品の開発に貢献し、また、新事業の買収によってロトルクが提供可能な製品・サービスの範囲が拡張しました。

最新の新型原子力発電所向け電動バルブアクチュエータは、国際的に有力な原子力アイランドの設計に合わせてカスタマイズされています。例えば、NEアクチュエータはEDF原子力発電所やAREVA(EPR)原子力発電所での使用を目的として開発されましたし、ND DC(直流)及びNA AC(交流)アクチュエータは、ウェスティングハウス社のAP1000加圧水型炉(PWR)原子力発電所向けに開発されました。

これらの新しい設計は、IEEE 382-1996/2006に完全に準拠したロトルクNAレンジアクチュエータの開発に繋がっており、このNAアクチュエータはオイルバス減速機内のシンプルな1段ウォームギア、電動モータ、トルク及びリミットスイッチ、全ての電気コンポーネントが結線された独立式端子コンパートメントで構成されています。アクチュエータは60年間使用できるように設計されており、新型の試験リグはこの機能を確認する上で、非常に重要な役割をになっています。

各製品の詳細につきましては、以下の製品名をクリックして下さい。