Gary Jacobsonがイノベーションディレクターに就任

Gary Jacobsonがイノベーションディレクターに就任

言語: English, Русский, 日本語

14/12/2015

Bifold社の買収後、Gary Jacobsonがロトルクグループのイノベーションディレクターに就任しました。Garyがたくさんの経験や、製品に関する技術知識、及びロトルクの関連市場に関する知識が会社にとって有益となるでしょう。

GaryはBrown and Root社で研修生として働き始め、構造設計者となり、その後、Piper Bravo等のプロジェクトでコミッショニングマネージャーを務めました。その後、彼はBICC社やPirelli社の4つの現場で業務管理を担当しました。

Garyは2002年以降Bifold社の代表取締役を務めています。彼がBifold社の代表取締役を務めるこの期間に、同社は毎年50%の成長を遂げ、危険環境や腐食環境及び海中向けの計装機器を設計・製造するトップメーカーとなりました。

ロトルクでは、彼は、グループの全部門において、フロー制御用の新製品を指導・監督することとなります。彼は、ロトルクグループのイノベーションディレクターを兼任しながら、Bifoldグループのジェネラルマネージャーとしての現在の職務と責任を継続する予定です。

Garyはイノベーションディレクターへの就任について次のようにコメントしています。

「ロトルクは既に最先端の技術を持っており、市場でも非常に優位な立場にいます。エネルギー市場は急速に変化しているので、ロトルクで職務に携わる時間は興味深いものです。」