Irish Water社がペンストックのバージョンアップにロトルクのアクチュエータを採用

Irish Water社がペンストックのバージョンアップにロトルクのアクチュエータを採用

言語: English, 日本語, Polski

31/05/2018

モナハン州に位置するKilkit浄水場の大規模近代化プロジェクトの一環として、Irish Wate社は、ロトルクのCkcレンジモジュラー型電動アクチュエータを設置しました。Coffey Water社から受注した契約の下、オンオフ制御、位置監視、動作履歴のデータロギングを正確に行うため、Ckcアクチュエータで入口側のペンストックを自動化し、アセットマネジメントをサポート致しました。

Ckcアクチュエータは、短納期である等、その用途で必要とされる仕様を満たしており、コスト効率の良いアクチュエータであることから選定されました。さらに、ロトルクの責任範囲は、アクチュエータの提供・設置・調整だけに留まらず、元は手動であったペンストックを自動化するのに必要な部品を設計・加工するまでに及びました。ロトルクは、関係者との連携を密にし、包括的で、用途に合ったソリューションを提供致しました。


現在では、ペンストックには、IP68の防浸水性をほこり、一時的に浸水可能(水深8メートルで96時間)なCkcダブルシールアクチュエータが取り付けられています。トルク及び位置検出部が独立していること、電源喪失時でもバルブの連続開度表示が可能であること、また、モータ部が独立した安全なハンドホイールであるため、さらに頑丈にペンストックを保護することができます。Ckcアクチュエータは、Centronik内蔵スタータと現場でのスイッチ制御が可能な制御モジュール、監視リレー、現場又はロトルクBluetooth®設定器を利用して分析・診断・アセットマネジメント用のデータ抽出が可能なデータロガーを内蔵しています。Ckcは、現場又はロトルクBluetooth®設定器を使用して、容易に、高速かつ安全に試運転や設定を行うことができます。モジュラー構造の設計であるため個々の用途に柔軟に対応することができ、また、モジュール間はプラグ&ソケット接続であるため、設置・調整・保守を効率的に行うことができます。


このペンストックプロジェクトは、Irish Water 社がLough Egish地方の水供給の向上を目的として行ったものであり、Kilkit浄水場に450万ユーロを投資し、約12,000人のモナハン州民の需要を賄うというものです。浄水場のバージョンアップが完了すれば、1日あたり5.5リッターの生産量増加が見込まれますが、この量は確実に現在の水需要を満たすことができ、また、将来の開発ニーズを満たすこともできる量に相当します。

Ckcに関する詳細はこちら