ブラジルのFPSOにてロトルクアクチュエータが石油・ガスの流量を精密に制御

ブラジルのFPSOにてロトルクアクチュエータが石油・ガスの流量を精密に制御

言語: English, 日本語

29/01/2020

ブラジルの新型浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)にロトルクの電動アクチュエータとフルードパワーアクチュエータが設置されました。

クライアントであるMetroval社は、FPSOのプラグ弁とバタフライ弁を制御するためのアクチュエータとして、IQ3(マルチターン・インテリジェント電動アクチュエータ)、CP及びGP(いずれも空気式アクチュエータ)を指定されました。なお、このFPSOは大西洋のSantos 盆地にあるLIBRA社の油田で稼動することになり、1日分に相当する180,000バレルもの石油を生産する見込みです。

エンドユーザーであるModec社がアクチュエータの操作を行い、FPSOから計量システムまでの石油・ガスの流れを制御することになります。ロトルクサイトサービスがバルブの調整や、アクチュエータのバルブへの据付け並びに試運転調整を担当し、アクチュエータの設置サポートを行いました。

ロトルクのCPレンジは、多用途かつモジュラー構造の空気式アクチュエータであり、スコッチヨーク設計を採用しています(複動とスプリングリターンの2種類をご用意しています)。CPアクチュエータは小型かつ効率のよい設計であるため、低温環境下でも最高4,500 Nm (39,800 lbf.ft)までのトルクを発生させることが可能です。CPの耐食性シリンダーは炭素鋼製であり、無電解ニッケルめっき加工処理が施されています。また、CPはSIL3でのアプリケーションに適しており、環境保護等級はIP 66M/67M、ATEX 2014/34/EU準拠の防爆仕様です。

GPは90°回転バルブ用のスコッチヨークアクチュエータであり、オンオフやモジュレーティング用途に適しています。GP(複動とスプリングリターンの2種類から選択可能)は、最高600,000 Nm (5,000,000 lbf.ft)の出力トルクを発生させることができ、SIL2及びSIL3のシステムに使用することができます。また、標準でP66M/67M及びATEX 2014/34/EUに準拠しています。

IQ3インテリジェント電動アクチュエータは、始動回数が60回/時までのオンオフまたはインチングに使用することができ、ダイレクトドライブでの出力トルクは14 Nm (10 lbf.ft)から 3,000 Nm (2,200 lbf.ft)です。本アクチュエータには先進的なデータロガー技術が搭載されており、バルブのトルク分布、始動回数の分布、震動及び温度傾向のログ、イベントログ等、詳細な情報を記録することができます。全てのデータはデュアルスタックディスプレイで閲覧することができ、PCに転送して解析を行うことができます(なお、解析にはソフトウェア「Insight 2」が必要)。

CPアクチュエータの詳細はこちら

GPアクチュエータの詳細はこちら

IQアクチュエータの詳細はこちら