ロトルクの制御弁ガラス試験を通過

ロトルクの制御弁ガラス試験を通過

言語: English, 日本語, Polski, Русский

11/02/2016

様々な試験を経て、ロトルクのCMA電動アクチュエータは、ガラスの製造過程で非常に重要な機能を果たしていることから、主要ガラス容器メーカーから一目置かれる存在となりました。

バルブは、空気とガスの結合を高精度で制御することにより、炉内の温度や圧力を制御する目的で使用されています。エネルギーを効率よく利用してガラス製品を製造するには、一定の温度と圧力を維持することが必要不可欠です。伝統的に、この業界では、調節弁に様々な空気式アクチュエータや電動アクチュエータを取り付けていましたが、より信頼性が高く、エネルギー効率の良いアクチュエータの必要性が認識されるようになりました。


動作試験によって、CMAが、既存のアクチュエータより精度、信頼性、エネルギー効率において勝っていることが証明されました。また、小型で設置が容易であること、サイズ展開が豊富で、様々なバルブに設置することができることもCMAのメリットです。
さらに、CMAは、業界標準の4-20mAやRIRO (Remote In Remote Out)の制御信号にも対応しているため、各国の工場で製品の規格を統一することができます。


炉の改装については、通常10年間隔で行っていますが、その機会を利用して、通常、各炉最大で40のバルブをバージョンアップしています。
動作試験が正常に完了したことに引き続き、改装中に、世界各地で、防爆仕様(ATEX認証取得)のCMQ250及びCMQ500アクチュエータ数百台を設置しました。

CMA電動アクチュエータに関する詳細はこちら