ロトルクの電動アクチュエータと空気式アクチュエータがドイツの都市における飲料水供給に貢献

ロトルクの電動アクチュエータと空気式アクチュエータがドイツの都市における飲料水供給に貢献

言語: English, Deutsch, 日本語

15/01/2020

新鮮な飲料水をドイツの地域コミュニティに提供するため、ロトルクの電動アクチュエータ及び空気式アクチュエータが設置されました。

Stadtwerke Lohr Am Main社に39台のGTアクチュエータ(空気式ピストンアクチュエータ)と13台のCKアクチュエータ(モジュラー型電動アクチュエータ)が提供され、Bavaria州の街Lohr am Mainとその周辺地域に水を供給する2箇所の市営水道施設で使用されるようになりました。GTアクチュエータはSchwebbergのプラントに設置され、CKアクチュエータはWombach社の現場に設置されました。

上記2箇所の現場では、6箇所の泉と2つの深い井戸から水を採取しており、7箇所の水道設備にて処理を行っています。GT及びCKアクチュエータは、2~12インチのバタフライ弁及びゲート弁に設置され、上記プラントの水流に設置された遮断弁を駆動し、ろ過、貯水、供給を行っています。

処理後の水は、貯水可能容量5500㎥の地下貯水タンクに蓄えられ、それから180Kmのパイプラインネットワークを通して供給されます。

ロトルクのオープンなコミュニケーションや専門の担当者によるコンサルティングサービスが決め手となり、お客様からGT及びCKアクチュエータをご購入頂きました。また、アクチュエータの機能性、信頼性、耐久性は勿論、CKのモジュラー構造も重要な要因であったと考えております。

GTアクチュエータ(単動・複動の2種類から選択可能)のトルクは2.4~15,300 Nm、空気圧は0.2~1.0Mpaです。GTは90°±5°のストローク調整が可能であり、ストローク端停止オプション(単一方向/双方向)もご用意しております。本アクチュエータはATEX 2014/34/EUの防爆区域での使用に適しており、また、SIL3での単体使用にも適しています(IEC 61508準拠)。

防水仕様のCKアクチュエータは非防爆区域のあらゆるバルブに使用することができ、また、外付けの制御システムを使用すれば高温や強震動といったストレス下でも作動させることができます。CKのダイレクトドライブでの出力トルクは10~500 Nm (7~369 lbf.ft)であり、マルチターン減速機と組み合わせた場合の最高トルクは10,800 Nm (8,000 lbf.ft)、さらに、90°回転用減速機と組み合わせた場合の最高トルクは205,600 Nm (151,6000 lbf.ft)にもおよびます。

GTアクチュエータの詳細はこちら

CKアクチュエータの詳細はこちら