ロトルクのSchischek石油化学物質のサンプリングと分析を簡素化する

ロトルクのSchischek石油化学物質のサンプリングと分析を簡素化する

言語: English, 日本語, Polski, Русский

25/02/2016

ロトルクSchischek小型防爆バルブアクチュエータが、非常に重要な石油化学分析プロセスで用いられました。

エコペトロル社は、石油及びガスの探査、生産、並びに精製を行うコロンビア最大の石油企業です。同社は、近赤外分光法(NIR)を用いて炭化水素の定量的サンプリング分離を行っています。
このプロセスでは、炭化水素を、アルカン、芳香族化合物、樹脂、アスファルテンの4つの化学物質グループに分類します。

プロセスの中間で、小型の2~3方向高速ボール弁を使用して分析用のサンプルを採取し、分光器中の圧力、フロー及び温度を正確に維持します。

正確にサンプリングを行うには、バルブを高速(一般的に3秒以下)で運転し、媒体の特性を維持することが不可欠です。更に、このアプリケーションでは、バルブ周りのスペースや危険区域の分類による制限があったり、フェイルセーフ動作や、ストローク端の指示が必須であったり、また、省エネルギーでなければならない等の制約があります


その他の選択肢も検討しましたが、エコペトロル社は、電動式Schischekアクチュエータが、メンテナンスの頻度が低く、厳しい使用環境でも上記の条件を全て満たすアクチュエータであるとの結論を下し、ハードウェア搭載Schischek RedMaxアクチュエータ約100台を設置しました。

このアクチュエータは、Zone2及び22の危険区域で使用することができ、IP66の耐環境性を有するユニットで、24 – 240V自己適応型AC/DC電源アダプターを搭載しています。RedMaxは、Schischek社が設計した電動アクチュエータシリーズの一つで、世界中の産業や、HVAC(冷暖房・空調・換気)及び海洋産業の防爆及び非防爆用途に適しています。

Schischek電動アクチュエータに関する詳細はこちら