最新ニュース

ロトルクのSPIが手動バルブの開度表示精度を改善

14/09/2017 言語: English, 日本語, Polski
ロトルクのSPIが手動バルブの開度表示精度を改善

精製プラントでは、プラント内のフロー制御を効率化することが緊急の課題とされており、バルブの開閉状態の確認に分散制御システム(DCS)を導入することが検討されています。 一般的な精製プラントでは、バルブの駆動にアクチュエータを導入しているのはわずか10%で、90%は手動で行われています。この状況は、DCSが手動バルブの開閉数を誤認した場合、エンドユーザーの業務に深刻な支障をきたします。

詳しく見る