最新ニュース

04/03/2014

ロトルクのタイプKにより厳格な環境規制に対応

産業用ボイラー、加熱炉及び発電所のその他処理工程における排出量を制御したり、効率化を求める環境規制がさらに厳しくなりました。 例えば、米国では環境保護庁が近年MACT(最大限達成可能な制御技術)ルールを打ち出し、これによって、1年または2年に一度の機器の調整が必要となり、概算で14,316台のボイラーとプロセスヒーターに影響が生じました。ですが、他の国の規制も同様にやっかいです。

言語: English , 日本語

ロトルクのタイプKにより厳格な環境規制に対応

10/01/2014

‘Drop-in-place’ actuators facilitate marine turbine damper upgrade in three days

The choice of Rotork Type K vane type actuators to replace existing equipment has enabled the control upgrade of a...

‘Drop-in-place’ actuators facilitate marine turbine damper upgrade in three days