Pakscan

Pakscan Logo

数台または複雑なプラントのバルブにおいて、総自動化による遠隔制御をご検討されているならば、パックスキャンを採用頂くことにより時間とコストの両方を大幅に節約することが出来ます。

パックスキャン通信に必要なケーブルは、1対のツイストペアケーブルだけですので、重さのある多芯ケーブルは不要です。さらにパックスキャンシステムは、独自の方式によりフィールドネットワークが標準で冗長化されていますので、機器やケーブルに不具合が発生してもシステムがダウンすることはありません。

フィールドネットワークの中枢となるマスターステーションは、シングル、ホットスタンバイ(バックアップシステム)、デュアルの3つの仕様から選ぶことができ、合計240台までアクチュエータを制御することが出来ます。専用IOモジュールを用いることにより、ロトルク以外の機器の信号をネットワークに取り入れることも可能です。フィールドデータハイウェイは、リピータなしで最長20kmまで延長させることが出来ますので、離れた場所にあるバルブであっても通信が可能です。

設置も操作も簡単ですので、様々な分野の130,000以上にも及ぶプラント制御システムにてパックスキャンを採用頂いております。

詳しくはPakscan 資料のページをご覧下さい。