CKベースオプション

互換性の高いバルブの接続部
CKアクチュエータの取り付け用フランジは、ISO 5210 またはMSS SP-102に準拠しております。

詳細は、PUB111-001の技術データの箇所をご参照下さい。

 

出力ドライブのカップリング
CKレンジの出力側カップリングは、全てISO5210に準拠しています。

CKアクチュエータの出力ドライブは、標準でB1形(キー溝&キー)ですが、このB1出力端子に適合するアダプタースリーブを使用することで、B3(キー溝&キー)及びB4(ブランク)にも対応致します。B1、B3、B4タイプのカップリングは、弁棒非上昇型のバルブや二次減速機等の、トルクを必要とするアプリケーションにご利用頂けます。

上記のB形カップリングに加えて、A形のスラストベースもご使用頂けます。このスラストベースは、アクチュエータベースからの着脱が容易で、メンテナンスの際もバルブ上の定位置に留まります。A形カップリングは、ステム上昇型のバルブ等、スラストが要求される場合に適しています。