242P - 90°回転用ウォーム

242

ロトルクギアシリーズ 242P手動90°回転用ウォームギア減速機

242Pシリーズは原子力安全関連の減速機で、最高の強度と耐久性を発揮する設計となっています。また、最新のリーンエンジニアリングの原理と解析設計ツールを用いて、非構造部の質量を最小限にし、減速機の包絡面を減らしています。

242Pシリーズは、厳しい仕様基準に合格したFBシリーズのデザインと品質を基準に設計されています。そのシンプルで丈夫な構造により、242P減速機は、要求トルクが低い用途において、選ばれる存在となったのです。ボール弁、バタフライ弁、プラグ弁、及びその他ありとあらゆる90°回転バルブの操作に適しています。

242P減速機は

  • 5種類のサイズ展開
  • ギア比は、40:1~60:1
  • トルクレンジ:最大1000Nm (8851 lbf.in)

詳細は、242P資料のページをご参照下さい。