コンピューティングリレー(M22)

Computing Relay (M22)

22型空気式コンピューティングリレーは非常に多機能な調整弁であり、平均化、差動、反転、積算等、様々な特殊機能を実行します。この高品質ユニットは、幅広い範囲に正・負バイアスをかけるだけでなく、最大4つの入力に対応しています。また、殆どのアプリケーションの要求事項を満たせるように、複数の構成が用意されています。22型は複数の構成オプションと正確応答という特性を兼ね備えているため、手動制御やマルチエレメント制御あるいはオンオフ弁として、特殊な入/出力要件を伴うアプリケーションに最適です。22型は、オンオフ弁として使用すると空気圧回路を開/閉し、信号圧力が設定値からずれると全開または全閉位置に素早く移動します。全開位置では、このオンオフ弁(リレー)は調節したり、加減することなく供給圧力を通します。なお、この機能は出力圧力を信号チャンバーに接続することで、達成します。この時の配線はフィードバックループを作るため、フローが開始すると、バルブ(リレー)は大きく開きます。

特長

  • リリーフシートを通しての少量ブリード
  • 複数の入力に対応
  • バイアス調整範囲:-18~+15 psig
  • 供給ポート及び排出ポートから90度の位置にゲージポート2つあり

メリット

  • 非常に小さな信号であっても高速で応答
  • プロセス制御アプリケーションで多機能性を発揮
  • ニーズに合わせて出力の変更が可能
  • 様々な設備に設置可能
  • 現場での設置が迅速かつ容易

詳細は、資料PUB103-005をご参照下さい。

Computing Relay (M22)