ライセンス契約

 本ソフトウェア(「ソフトウェア」)及びその関連文書の著作権、知的財産権はロトルクPLCまたはそのサプライヤー(「所有者」)が所有します。以下の契約条件を最後まで精読してください。ソフトウェアをインストール、コピー、または使用した時点で、本ソフトウェアライセンスの条項の適用対象となることに同意したものとみなされます。本ライセンスの条項に同意しない場合は、ソフトウェアをインストール、コピー、または使用することはできません。

1. ライセンス

1.1 許可事項:

  1. 自身の管理下にある1台のコンピュータにソフトウェアをロードして使用すること。
  2. あるコンピュータから別のコンピュータにソフトウェアを移すこと。ただし、一度に1台のコンピュータ上でのみソフトウェアを使用することを前提とします。
  3. コンピュータネットワーク上でソフトウェアを使用すること。
  4. ソフトウェア(全ての関連文書を含む)及び本契約の利益を別の人物に譲渡すること。ただし、その人物が本契約の条項に同意し、貴方が作成したソフトウェアのコピーの全てを一度にその人物に譲渡するか、あるいは譲渡しないコピーに関しては全て破棄することを前提とします。譲受人が当該の条項に同意しない場合、本契約は自動的に終了するものとします。譲渡されたソフトウェアに関して、譲渡人は本契約に基づくいかなる権利も保持しないものとします。

1.2 禁止事項:

  1. 同一ネットワーク上にある1台または複数台の他のコンピュータに拡散することを目的として、ネットワークサーバーにソフトウェアをロードすること、あるいはこのような拡散行為(別途ライセンスが必要)を発生させること
  2. ソフトウェアまたはその関連文書の全体または一部に基づく派生著作物を貸借、リース、サブライセンス、貸与、コピー、修正、改変、統合、変換、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルまたは作成をすること、あるいは何らかの方法でソフトウェアまたはその一部を使用、複製、または取り扱うこと。ただし、本契約で明確に許可されている場合及び法律で明確に許可されるべき範囲や状況を除く。

2. 有効期間

本契約は、貴方がソフトウェア、関連文書及び全てのコピーを破棄し、契約を終了させるまで有効とします。ユーザが契約条件に従わない場合も本契約は終了します。契約終了の際には、貴方の管理下にあるコンピュータのハードディスクに保存されているソフトウェアも含め、ソフトウェア及び関連文書の全てのコピーを破棄するものとします。

3. 所有権

ソフトウェアのダウンロード時に経由したサーバーに記録されているとおり、形式にかかわりなく、ソフトウェア及びそのコピーの所有権は、所有者が常に保持するものとします。本契約は本契約に記載されているライセンスの付与にのみ適用され、ソフトウェアのダウンロードには適用されません。所有者に対する保証は、本来のユーザに対してのみ有効です。

4. 保証

4.1 所有者は、ソフトウェアが付属の文書どおりに機能していること及び文書にて重要点が全て説明されていることを保証します(ただし、ソフトウェアに対応したコンピュータ及びオペレーティングシステムでソフトウェアを使用していることを前提とする)。重要なエラーが所有者に通知された場合、所有者は、今後のソフトウェアのリリースでソフトウェアまたは関連文書のこのような明白なエラーを是正するよう努力するものとします。

4.2 上記は所有者の保証の不履行に対してユーザが受ける唯一の救済措置を示しており、これは本来の登録ユーザにしか与えられません。

4.3 本契約の明示条項は、法令、コモンロー、商習慣、取り引きの過程によって黙示的に定義されるまたは法律で許される最大限の範囲内で除外される全ての保証、条件、約束、規約及び義務に代わるものです。

4.4 ソフトウェアがユーザの必要条件を満たすこと、あるいはソフトウェアの動作が中断しないことまたはソフトウェアの動作にエラーがないこと、あるいはソフトウェアの欠陥が是正されることを所有者は保証しません。ソフトウェアはユーザ自身のリスクでロードして使用するものとし、いかなる場合であれ、利益損失、取引上の損失、データの損失あるいはソフトウェアの使用またはその使用に対する能力不足から生じる、あるいはソフトウェアのエラーや欠陥から生じるその他の間接的または結果的損失を含めて、本契約書に明確に記述されている場合を除き、それらが怠慢によって引き起こされたか否かを問わず、どのような損害についても(所有者の怠慢から生じる負傷や死亡を除く)所有者はユーザに責任を負わないものとします。いかなる場合であれ、所有者の責任は、ソフトウェアに対してユーザが支払う金額を上回らないものとします。

5. 法律

5.1 本契約は英国の法律に準拠し、それに従って解釈されるものとします。

5.2 本契約に関連する目的のために、各当事者は英国の裁判所の専属管轄権に撤回不能で服するものとします。

6. 第三者の権利の除外

本契約に明確に規定されている場合を除き、1999年契約(第三者の権利)法に従い、本契約の当事者ではない人物が本契約のいかなる条項も強制することはできません。