FAQ(よくある質問)

フィルターレギュレータの下流側にリリーフ弁を取り付けるのはなぜですか?

リリーフ弁は、フィルターレギュレータが誤作動を起こした際に、シリンダーに加わる最大空気圧を制御することができるため、更なる安全対策として取り付けています。
以下の状況では、アクチュエータの制御システムに、リリーフ弁が取り付けてあることでしょう。

- 最大供給空気圧力がアクチュエータの最大許容使用圧力を超える場合

- お客様が制御盤内にリリーフ弁の取り付けを希望された場合

- アクチュエータに最大供給圧力でトルクを発生させる必要があり、最大供給圧力がアクチュエータの最大動作圧力を超える場合。このような最大圧力より低圧に設定したリリーフ弁を取り付けることで、アクチュエータのサイズオーバーを回避又は減らします。