フィッシングテスト1

あなたが開封したメッセージは、あなたの所属組織がフィッシング認識テストの一環として送信したメッセージであるため、このページに移動しました。セキュリティのベストプラクティスに関するフォローアップ研修を行うため、まもなく管理者より連絡があるでしょう。

なぜフィッシングについて言及しているのでしょうか?

フィッシングとは、誰もが被害者になり得る詐欺行為です。フィッシングは重大な問題であり、益々拡大しています。

実際、2016年の研究では、サイバーアタック及びその結果発生した情報漏洩の91%は、フィッシングメールを発端としていることが報告されています。このような攻撃はより頻繁に行われるようになり、且つ、手口が巧妙化しています。そのため、あるオンライン記事で、世界の97%の人が巧妙なフィッシング攻撃を見抜くことができなかったとの記述がありました。このようなフィッシング詐欺師は、銀行口座の情報、公共料金の情報、保険情報、それに、Facebook、Twitter、Instagramのアカウントなどをハッキングします。

不正Eメールを見分ける方法

  • リンクをクリックする前にリンクにカーソルを合わせてURLを表示する

リンクをクリックする前に常にURLを確認して下さい。Eメール内に不正なリンクが含まれていることがあります。

  • 文法や綴りにミスがないか確認する

企業は基本的に、文章の校正を行った上でメッセージを送信しています。そのため、綴りや文法のミスが複数あれば、それは詐欺メッセージのシグナルである可能性が考えられます。

  • 連絡先の情報やロゴなどが正確であるか確かめる

殆どの企業はEメールに、その企業を象徴する独自のブランドロゴ等を貼付しています。メッセージにロゴ、ぼかし、ブランドカラー、連絡先情報等がないか確認して下さい。