ロトルクのSPIが手動バルブの開度表示精度を改善

言語: English , 日本語 , Polski

ロトルクのSPIが手動バルブの開度表示精度を改善

14/09/2017


精製プラントでは、プラント内のフロー制御を効率化することが緊急の課題とされており、バルブの開閉状態の確認に分散制御システム(DCS)を導入することが検討されています。

一般的な精製プラントでは、バルブの駆動にアクチュエータを導入しているのはわずか10%で、90%は手動で行われています。この状況は、DCSが手動バルブの開閉数を誤認した場合、エンドユーザーの業務に深刻な支障をきたします。

この課題への取り組みとして、ロトルクギアは、SPIスマートポジションインジケータを導入し、頑健性、信頼性、精度など、大幅な改善を行いました。スペイン系ユーザーからの反響が大きく、結果、900台の受注に至りました。SPIをインストールすれば、精製プラント内のあらゆるバルブをコントロールセンターで監視することができるため、動作制御の精度改善に繋がります。


SPIは、大型のデジタルディスプレイを搭載しており、現場でバルブの開度を確認することが可能です。また、リモート表示用のスイッチあるいはセンサーを1~2台内蔵しています。さらに、アルミニウム製のハウジングで完全密封されており、バルブの位置信号を正確に出力します。

減速機付きの大型バルブの場合、SPIの取り付け位置は、減速機の入力フランジとなります。

小型バルブの場合は、バルブに直接取り付けることができ、また、ステム上昇式のバルブには、オプションのスラストベースもご用意しています。

SPIのフランジは、電動操作用バルブと同等のISO5210に適合しており、これは従来のアームタイプよりも頑健性に優れています。

SPIは、IP67相当の耐環境性を有しており、姉妹版として、危険区域向けにIECEx/ATEX、Ex準拠型ユニットをご用意しています。本質的安全タイプのEx iシリーズは、ガス充満区域のバルブに、また、より安全性の高いEx eシリーズは、ガス及び埃充満区域のバルブに取り付けることができます。さらに、安全区域専用のシリーズもご用意しています。


SPIは、石油化学プラントに限らず、発電所、公共のインフラ、空港及び消火栓設備等の一般的な産業用途で使用されています。ロトルクは、世界中に営業所と代理店を有しており、SPIを含め、あらゆるロトルクギア製品に付随するサービスとサポートを行っています。

 

スマートポジションインジケータに関する詳細はこちら