高度な資産管理

高度資産管理システムとは、高機能アクチュエータ及び(その制御下にある)フロー制御機器用のクラウド型資産管理システムであり、高機能アクチュエータから取得したデータに基づいて解析を行い、保守計画を作成することにより、突発的な中断(及び、中断に伴う動作不良、出力低下、評判の悪化)の削減に貢献しています。また、このシステムはバルブやフロー制御資産の状態・異常を容易且つ正確に伝送するための高度な状態監視機能を備えているため、これを活用してプロアクティブメンテナンス(事前保守)を実施することが可能です。さらに、このシステムにより、あらゆる資産の動作の安定性を長期的に向上させることが可能です。

高度資産管理システムは、高機能アクチュエータ内に保存されたデータログから情報を収集し、この情報を活用して現場を効率的且つ正確に稼動します。このシステムは、全OS(オペレーティングシステム)対応の扱い易い直感的インターフェースを搭載した頑強、安全、そして安定性のあるオンラインプラットフォームです。解析画面には、分かり易くするため、サマリー表示を採用しており、マップも色分けされています。そのため、バルブ及び関連するフロー制御機器の全体像を一目で理解することができます。

 ロトルクの高度資産管理システムの先進的な解析機能により、高度な保守が可能ですが、この場合の保守は、推測に基づいた定期保守や制限付き保守ではなく、現場からのデータに基づいて行われます。高機能資産管理システムは手動でデータを見直す必要がないため、時間の節約になり、資産の故障の再発を減らすこともできます。

高機能資産管理システムはお客様の要件や予算に合わせて、調整することも可能です。高機能資産管理システムを利用してフロー制御資産を管理する場合、以下のフレキシブルオプションを選択することが可能です。

  • ロトルクによるソリューションの管理:ロトルクがデータを取得、管理、活用します。
  • アクチュエータの解析:お客様がデータの管理を行い、情報を得た上で決定します。

トルク、温度、振動、イベントログの情報は勿論、部分ストロークの統計グラフ、一時間あたりの最大始動回数、モータ起動時間等の情報もデータロガーから取得し、高機能資産管理システムにアップロードされます。

トルク

  • 危機的なトルクレベル
  • 開/閉トルク
  • 平均トルク
  • トルクのデビエーション
  • 全ストローク及び部分ストロークにおける開・閉トルク

温度

  • 温度は、全体の状態を評価する際の因子として用いられます
  • 最大レベル及び良好/警告/警戒のレベルが算出され、明確に表示されます
  • 温度は時間ごとに評価され、傾向が明確に表示されます

振動

  • 高振動は重大な故障に繋がるため、正確な監視が必要不可欠です
  • 過剰振動のレベル
  • 時間ごとに振動の傾向を解析します

イベントログ

  • 関連のないイベントは表示されません
  • イベントの深刻度は色分け表示されます
  • アラーム、開・閉、動作、再起動等、複数のイベントが記録されます

詳細は、以下をご参照下さい。

ロトルク高機能資産管理システム カタログ

ロトルク高機能資産管理システム ラインカード