最新ニュース

Shutdown Battery option added to the IQ range

27/08/2020
Shutdown Battery option added to the IQ range

Rotork has launched the IQT Shutdown Battery to provide further operational flexibility to the IQT3 range of part-turn 1-phase, 3-phase and DC electric actuators with the addition of a new integral battery option that provides fail-to-position functionality in explosionproof applications....

詳しく見る

ロトルクがライフタイムマネジメントサービスをリリース

05/08/2020
ロトルクがライフタイムマネジメントサービスをリリース

新たなライフタイムマネジメントサービス(一生涯の管理サービス)により、ロトルクサイトサービス(RSS)の稼働様式が変わり、お客様のアプリケーションの重要度に応じた最も適切な対応をより重視するようになりました。 新たな4段階のアプローチは、お客様独自のニーズを見極め、適切なサポートを提供するのに最適です。なお、4段階のアプローチとは、状態チェック、計画保守、充実保証、予測保守のことを言います。 状態チェックとは、設計、仕様、使用方法に照らし合わせて、アクチュエータ資産の状態を評価することです。この状態チェックを通して、弊社は、お客様が資産の現状を把握できるようにサポートを行い、今後に向けた適切な保守計画を提案することができるのです。 計画保守とは、カバーを取り外しての徹底的な製品検査及び事前の修理管理等のことを言います。また、計画保守では、データロガーや設定を評価したり、必要に応じてOリングや電池を交換したり、機能テスト(手動、遠隔、現場)を行います。加えて、以前の保守計画にもありましたが、予備部品の提供も行います。

詳しく見る

ポーランドの都市に新規道路を建設後、ロトルクのモジュラー型電動アクチュエータCKが雨水貯留タンクの制御を担う

29/06/2020 言語: English, Polski, 日本語
ポーランドの都市に新規道路を建設後、ロトルクのモジュラー型電動アクチュエータCKが雨水貯留タンクの制御を担う

ポーランド国内に新たに建設された道路沿いにある雨水貯留タンクの流量制御を行うため、ロトルクのマルチターン電動アクチュエータが設置されました。 ソーラーパネルからの電力で作動するCKアクチュエータは、ナイフゲート弁を操作し、カリシュ(ポーランド中央部の都市)の道路沿いの雨水貯留タンクの排水作業を制御しています。CKがポーランド国内で太陽光発電に使用されたのは今回が初めてです。

詳しく見る

カナダの油井群にロトルクの空気式アクチュエータが設置される

19/06/2020 言語: English, 日本語
カナダの油井群にロトルクの空気式アクチュエータが設置される

カナダ アルバータ州の油井群に80台を超える空気式アクチュエータ(CP、GP、RC200)を設置しました。設置したCP、GP及びRC200アクチュエータは、in-situ(地層内回収)法の1つであるスチーム補助重力排油法(SAGD)を用いてオイルサンドを抽出するというプロジェクトで使用されます。 SAGD法は地下800mのオイルサンドからビチューメンを回収するために用いられます。このプロセスは坑井刺激法の1種であり、オイルサンド槽に掘削した2本の水平井(上位と下位の水平井には数メートルの間隔をあける)を利用します。上位の坑井に連続的に高圧水蒸気を注入し、ビチューメンを加熱して粘度を下げます。その後、加熱されたビチューメンは下位の坑井へ流れ込み、そこで採取します。採取した温水及びビチューメンは分離施設に運ばれ、分離施設にて、その水は採取され、リサイクルされ、そして、このプロセスを再開できるように水蒸気に変えられます。このプロセスは、従来の方法と比較して、環境への影響を大幅に軽減します。

詳しく見る

新たな枠組み契約を締結後、Anglian Water社への製品及びサービスの提供を再開

12/06/2020 言語: English, 日本語
新たな枠組み契約を締結後、Anglian Water社への製品及びサービスの提供を再開

ロトルクは、Anglian Water社に製品及びサービスを提供するため、新たな枠組み契約の締結を発表しました。Anglian Water社とは、イングランド及びハートルプールで、600万人を超える顧客に水道及び水リサイクルサービスを提供している水道会社です。 Anglian地域はグリムズビーの北に位置するハンバー川河口からテムズ川河口まで、及びバッキンガムシャーからイングランド東岸のローストフトまで広がっています。112,000Kmを超える長さの上下水道管により、1257か所の水処理場及び水リサイクル処理施設と水や廃水のやり取りを行っています。

詳しく見る

オーストラリアの液化天然ガスプロジェクトでロトルクのプロセス制御用アクチュエータが使用される

28/05/2020 言語: English, 日本語
オーストラリアの液化天然ガスプロジェクトでロトルクのプロセス制御用アクチュエータが使用される

ロトルクは、オーストラリアでの液化天然ガスプロジェクト向けに、270台を超えるプロセス制御用アクチュエータを受注しました。 お客様から受注したのは90度回転用アクチュエータCVQですが、このCVQはセパレータスキッドのボール弁やVボール弁を操作し、スラット盆地の陸上天然ガス生産施設の抽水プロセスを制御する役割を担います。なお、このボール弁はガスを遮断し、Vボール弁はガス井稼働中の圧力の増大を制御することで流量制御を行います。 スラット盆地はクイーンズランド州に位置しており、シェルの1事業であるQGCがここでのプロジェクトを通して、国内及び国際市場向けの天然ガスを生産しています。 ここでは、スラット盆地の炭層に掘削して作られたガス井から天然ガスを取り出し、取り出した天然ガスを採集地点まで輸送し、水や凝縮物を取り除きます。 非常に正確で応答性の高いCVQユニットは0.1%の分解能をほこり、また、開度のオーバーシュートもありません。そのため、生産コストを削減することができ、効率の向上に貢献します。CVQアクチュエータの電源は24 VDCであり、本プロジェクトでの制御はHART通信により行っています。また、IEC Ex認証を取得していますが、これはオーストラリアで唯一、認められている防爆区域規格です。加えて、本アクチュエータはIP68のダブルシール構造であり、水深20m下で10時間の浸水に耐えることができます。

詳しく見る

ロトルクがイギリスのNHS(国民保険サービス)をサポート

09/04/2020 言語: English, 日本語
ロトルクがイギリスのNHS(国民保険サービス)をサポート

FTSE250を構成するフロー制御及び計装のグローバル企業であるロトルクは、英国の国民保健サービス(NHS)の業務に参入し支援することにより、新型コロナウイルスのパンデミックに対する対策を行いました。NHSでは基本的な保護具が不足していたため、当社のエンジニアが医療従事者向けのフェイスシールドの生産に乗り出しました。

詳しく見る

デンマークの下水処理場でCKcアクチュエータによるバルブの自動駆動が導入される

27/03/2020 言語: English, 日本語
デンマークの下水処理場でCKcアクチュエータによるバルブの自動駆動が導入される

デンマークのある下水処理場におけるバルブ駆動は、ロトルクの電動アクチュエータCK(Centronik制御モジュール内臓モデル)を導入後、手動駆動から電動駆動に切り替わりました。Ckcアクチュエータは、お客様に頑強かつ信頼性の高いソリューションを提供すると同時に、メンテナンスの頻度を減らします。

詳しく見る

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 1 to 20 of 159