ROMpak

ROM Pak Actuator

ROMレンジのアクチュエータに自己充足型の制御パッケージを追加したユニットがROMpakアクチュエータです。これによって、現場制御用のノブ、状態表示リレー、絶縁制御回路といった制御機能が充実し、また、オプションでフォロマティックやパックスキャン及びその他のバスシステムにも対応するようになりました。

トルク:8~800 Nm (6~590 lbf.ft)

  • 小型、軽量
  • 緊急時の手動操作が可能
  • 外付けのストップボルト*は調節可能
  • 現場制御用ノブ(現場/遠隔、オン/オフ)
  • 状態表示リレー
  • 相順補正機能付き
  • IP68(10m/100時間)
  • 12/24 VDC、110/220 VAC単相、220/380/440 VAC 3相、50 Hz及び60 Hz
  • 開度表示計やLEDランプにより、現場で開度表示が可能
  • 動作温度:-30~+70 ºC (-22~+158 ºF)**

*ROM及びROMpakの2~7アクチュエータのみ

**12/24 VDCユニットの動作温度は-30~+65 ºC (-22~+149 ºF)

詳細は、ROMpak資料をご参照下さい。