HPG

HPG

パイプラインアクチュエータモデルHPGは、配管中のガス圧力を動力源としてアクチュエータを作動させるものです。世界中の現場で実績のある、独自の頑強なスコッチヨーク構造を採用しています。

このアクチュエータには標準で手動駆動装置が備わっています。作動油から高圧配管ガスを完全に分離するために、油圧バイパス用にシリンダーを分離した設計になっています。独立したバイパスシリンダーの利用によって、バルブからアクチュエータを取り外すことなくパワーシリンダーのシール交換が可能となり、パワーシリンダーを外した状態でも手動で運転を行うことが出来ます。様々な運転要求に対応できるよう、制御機構もご用意しています。

  • スコッチヨーク構造、複動またはスプリングリターン
  • 手動駆動用油圧ユニット標準装備
  • 両方向スピードコントローラ標準装備
  • IP67M(EN60529:1991+ A1:2000)準拠
  • 密封度 IP66M/67M
  • ATEX 2014/34/EU 準拠
  • PED 2014/68/EU 準拠
  • 600,000Nmまでのトルクレンジ

詳しくはHPG 資料のページを参照下さい。