DeviceNet

DeviceNet Logo

デバイスネットは、CANバスプロトコルをベースとした産業用オープンバスシステムです。

デバイスネット用のインターフェイス基板を接続し、EDSファイルにてアクチュエータの性能に関するパラメータが設定されてシステム上での動作が最適化され、アクチュエータの制御と監視が行われます。

アクチュエータのトルクや位置のフィードバックに加えて、現場計器からのアナログ入力を通信に取り込むことも可能です。

ロトルクのデバイスネットインターフェイスモジュールは、相互運用性についてODVA(Open DeviceNet Vendor Association)から認定されています。

詳しくは、DeviceNet 資料のページをご覧下さい。

  • 1つのネットワークにて合計63台まで通信可能
  • 4線ケーブルを使用(2本は信号、2本は電源)
  • 支線/幹線の接続可能
  • 互換性についてODVA認定
  • EDSファイルにてデバイス認識