ケーススタディ

グレートアイランドCCGT発電所のバルブを効率化

Sector: 従来型火力発電

ウェックスフォード州にあるSSE plc社のグレートアイランド発電所は、464MWのガスタービンコンバインドサイクル(CCGT)発電所で、2014年に稼働を開始しました。アイルランド国内で最も清潔で効率的な天然ガス発電所として認識されており、50万世帯分の電力を賄うだけの発電能力を有しています。

ケーススタディを読む

自動洪水緩和計画にロトルクのバルブアクチュエータが採用される

Sector: 水道

ロトルクサイトサービスが担当したプロジェクトでは、洪水緩和計画を完全自動化し、西ウェールズのカーディガンという歴史的な町を守りました。このプロジェクトでは、他社製のアクチュエータを交換したり、PLC制御用キャビネットを設置したり、既存の河川水位センサーやテレメトリーシステムと接続したりしました。

ケーススタディを読む

地域暖房―湯がロトルクの成功の秘訣

Sector: 商用車&鉄道

メトロポリタン・コペンハーゲン・ヒーティング・トランスミッション・カンパニー(CTR)は、デンマークで最大の暖房システムを運営しています。7つの熱電併給システムと2つの廃棄物焼却プラントは、14の尖頭負荷発電所の力を借りて、CTRのトランスミッションシステムに熱を供給しています。このトランスミッションシステムは、100km以上にも渡るパイプラインで構成されていますが、その殆どが最大直径800mmの地下パイプラインです。水は25Bargの圧力及び115℃の温度でシステム周辺にポンプで送られます。輸送パイプラインと共に29の交換ステーション及びポンプステーションが地域暖房システムに熱を送り届けており、コペンハーゲン市内5地域の250,000世帯と約100万人分の暖房を賄っています。

ケーススタディを読む

ロトルクの電動バルブ がコカ・コーラ・エンタープライズの環境の改善に貢献

Sector: 商用車&鉄道

ロトルクのCVA調整弁用電動アクチュエータは、ウェイクフィールドにあるコカ・コーラ・エンタープライズ(CCE)の生産工場にて、効率性の向上とエネルギーの削減に貢献しています。 CCEは、ヨーロッパで最大のソフトドリンク生産工場であるウェイクフィールド工場に最近の5年間で100万ポンド以上の投資を行いましたが、これは地域生産へのコミットと新技術開発に重点を置いた長期プログラムの一環です。エネルギー監視システムから配信された情報をインストールして活用するようになって以降、ウェイクフィールド工場でのエネルギー消費は2009年より13%削減されました。    

ケーススタディを読む

川堰のバージョンアップがロトルクの多彩なサービス力を証明

Sector: 水道

ロトルクは、新設産業プラント用及び既設産業プラントのバージョンアップ用フロー制御機器を提供する企業として世界的に有名です。こういった契約には、しばしば数十台あるいは数百台ものバルブアクチュエータとその関連制御機器が含まれますが、ロトルクは、プロジェクトチームの一員として、それぞれが異なる分野の専門知識を持ち、主契約企業様の監督下にあるバルブメーカーやエンジニアリング企業及びエンドユーザー様と協力体制を確立しています。 それに加えて、ロトルクは、改善プロジェクトの一環として現場でアクチュエータのレトロフィットを行っていますが、このようなレトロフィットはしばしば、機械工学、電気工学及び土木工学的な作業を追加で行う必要があります。ロトルクサイトサービスのメンバーはこういった作業の経験が豊富であり、いわゆる“拡大契約”に全チームのプロジェクト分野が含まれているため、多くのケースで、プロジェクト管理と共に必要な作業をトータルで一括して提供することが可能です。こういった“拡大契約”の主なメリットは、個別に下請け会社と契約を締結する必要がなく、契約ルートがシンプルであるということです。“拡大契約”は、特に、プロジェクトの規模は比較的小さいが様々な分野の技術や訓練が必要とされる水道、電力、環境改善等の分野で広がりを見せています。ロトルクUKが環境庁と結んだウィルトシャー州Buscot村(下写真)におけるプロジェクト契約が良い例です。

ケーススタディを読む

大規模製油所の自動化に向けたレトロフィットプロジェクト

Sector: 石油及びガス - 下流
Tupras社のIzmit製油所に設置したIQアクチュエータ

トルコにおける主要石油化学工業近代化プログラムにはレトロフィットプロジェクトが含まれており、このプロジェクトでは、石油精製所のタンクファームにある900台以上ものバルブの駆動・制御を自動化します。Tupras社はトルコ最大の工業会社であり、大手の製油所です。また、4つの製油所を運営していますが、中でもKocaeli県のMarmara海沿いにあるIzmit製油所は最大規模を誇ります。Izmit製油所は1961年に最初に開業した製油所で、LPガス、ナフサ、石油、ジェット燃料、灯油、軽油等を含めた製品の生産量は年間で1100万トン以上に及びます。

ケーススタディを読む

中国の東西パイプラインに設置したインテリジェント電動バルブアクチュエータ

Sector: 石油&ガス - 中流(輸送)
中国の東西パイプラインに設置した電動バルブアクチュエータ

東西パイプラインネットワーク(WEPP)は、これまで中国で計画されたプロジェクトの中で最大かつ最も重要なガス産業プロジェクトです。このプロジェクトは中国西部の開発を目的としており、中国東部にある市場と西部にある資源を結ぶ4つのガスパイプラインを建設します。この数千キロメートルにも及ぶパイプラインは台地、山地、砂漠、河川などの様々な地形を通り、新疆ウイグル自治区のタリム盆地とトルクメニスタンを長江デルタ地域及び珠江デルタ地域に接続します。

ケーススタディを読む

無線によるバルブ制御:タンクファームの自動化には申し分なし

Sector: 石油及びガス - 下流
テキサス州のコープスクリスティ港にあるMMLP社のタンクファームに設置したIQアクチュエータ。

Martin Midstream Partners L.P. (MMLP)は、上場リミテッドパートナーシップで、石油製品やその派生品向けのターミナル設備や、貯蔵、加工、梱包サービスを主な事業としています。また、同社は、天然ガス液体の貯蔵、販売・供給サービス及び天然ガスの貯蔵、硫黄製品や硫黄を原材料とする製品の加工、製造、販売・供給、石油及びその副生物の海上輸送サービスなども行っています。 2011年、MMLPの事業部はテキサス州のコープスクリスティ港に単一製品専用のタンクファームの建設を開始しました。このタンクファームはトラックや船の荷役ターミナルの付近に建設され、容量100,000バレルのタンク6個及と4つのブースターポンプで構成されます。

ケーススタディを読む

タンクターミナルで電動バルブの有用性を証明

Sector: 石油及びガス - 下流
The Botlek Tank Terminal (BTT)

2005年のBuncefield油槽所での壊滅的な火災発生以降、同様の悲惨な事故が今後発生することのないよう多くの取り組みがなされました。COMAH (重大災害防止規則)に従い、石油産業は保護措置を講じ、タンク貯蔵設備の安全性と環境保護の強化に努めました。 Buncefield Standards Task Groupの勧告に基づき実施したこれらの保護措置の主な内容は、フェイルセーフ機能(ESD:緊急遮断機能)付き遠隔操作式遮断弁(ROSoV)を設置するというものでした。

ケーススタディを読む

ロトルクは貯蔵タンク拡張プロジェクトの“ワンストップ・アクチュエーションショップ“

Sector: 石油及びガス - 下流
Vopak社の段階8プラント

ロトルクは、オランダでの石油貯蔵タンク拡張プロジェクト向けにバルブ駆動製品とサービスを提供し、こうした製品やサービスのワンストップショップであることを証明しました。ロトルクが行った作業は、遮断弁やモジュレーティング用バルブ及びフェイルセーフバルブ向けのアクチュエータの提供、デジタル制御システムやバルブ用減速機、バルブ取り付け用品の提供、工場での電動化、現場でのレトロフィット及び試運転調整等です。Royal Vopak社は、石油・化学産業向けにタンクターミナルを提供する世界最大規模の独立系企業です。Vopak社のユーロポートにある石油ターミナルの拡張計画によって、2012年までに、総貯蔵量は120万立方メートルまで増加する予定であり、ロッテルダム港における独立系貯蔵会社としての地位を強固なものにするでしょう。 拡張プロジェクトの段階8では、容量40,000立方メートルの燃料オイルタンク4台の新設と、マニホールド付きポンプピットの建設を行いますが、このマニホールドは、タンク同志を接続したり、タンクとそのターミナル内の他の部分を接続しています。これらに加えて、OCU (Odour Control Unit:臭気制御ユニット)の設置も行います。これは、環境の改善を目的として現場に設置され、これが4台目となります。  

ケーススタディを読む

太陽光発電所におけるバルブの自動化

Sector: 再生可能エネルギー
発電所におけるトラフ式太陽熱発電

スペインは、現在、世界最大の太陽熱発電国です。スペインの太陽熱発電所は、発電量を最大化するため、溶融塩電池を使用したパラボリックトラフ型太陽熱発電システムを使用しています。パラボリックトラフ方式の発電システムでは、集熱管(デュワー管)に沿って放物面鏡が配置されています。鏡によって日光が反射し、集熱管に集められます。集められた日光は、集熱管を流れる熱伝達オイルによって吸収されます。

ケーススタディを読む