プレスリリース

バルブワールドアメリカ, 2022年8月

フロー制御は、有害温室効果ガスの排出問題に、どのようにソリューションを提供するのか?

世界中の政府、ビジネス、そして個人にとって、気候危機が重要な懸念分野であることは否定のしようがありません。気温上昇、異常気象、水・食料問題を考えると、早急な対策が必要であることは明確です。2015年のパリ協定では、気候変動による壊滅的な影響を防止するため、温度上昇を2℃未満、理想は1.5℃を上限とすることが定められました。この協定以降、政府は、COP26サミット(2021年11月グラスゴーで開催)等で、この重要性を再確認しました。ここでは、世界の首脳達が、1)ambitious emissions reductions by 2030(野心的な2030年排出削減目標)、2)phasing out unabated use of coal(削減対策なしの石炭火力の使用禁止)、3)encouraging investment in renewables(再生可能エネルギーへの投資の奨励)、4)significantly reducing methane emissions(メタンの排出を大幅に削減)を約束しました。石油&ガス業界が、必須の役割を担っているのです。

言語: English , 日本語

フロー制御は、有害温室効果ガスの排出問題に、どのようにソリューションを提供するのか?

タンク&ターミナル, 2022年7月

中流の貯蔵アプリケーションにおけるフロー制御の役割

石油&ガスアプリケーションにおけるフロー制御の役割 フロー制御とは、液体やガスの流量を管理することです。アクチュエータは、プロセスの中枢でバルブを制御し、自動化を実現する重要機器です。アクチュエータには、電源やお客様側の要件によりますが、電動式、空気式、油圧式、電油式の4種類があります。

言語: English , 日本語

中流の貯蔵アプリケーションにおけるフロー制御の役割

水素及び燃料電池の革新, 2022年6月

Danny Nicholas(ロトルク)の質疑応答

Danny Nicholasは2022年3月に、EMEA(欧州、中東、アフリカ)向け水素関連機器の事業開発部長としてロトルクに入社しました。Danny Nicholasは、ロトルクに入社する以前は、Swagelok Manchesterで、お客様と連携して、グリーン水素のバリューチェーンで利用するための技術の向上と機器の設計に携わり、テクニカルサポート及び事業開発チームの中心的役割を担っていました。また、Dannyは、マンチェスター燃料電池イノベーションセンター(マンチェスターメトロポリタン大学の一部)及びマンチェスター大学グラフェン施設における調査作業もサポートしていました。

言語: English , 日本語

Danny Nicholas(ロトルク)の質疑応答

世界の発電エンジニア, 2022年5月

水力発電の管理方法

世界がエネルギーの転換期を迎え、再生可能エネルギー部門が益々重要となっています。環境に悪影響を及ぼす従来のエネルギー形態からクリーンエネルギーを供給するシステムへと切り替えることは、気候危機に取り組む上での基本概念です。我々が脱炭素化と気候を脅かす温室効果ガスの排出削減に引き続き取り組んでいく中で、風力、太陽光、水を動力源とする再生可能エネルギーシステムは、重要な役割を果たすことになるでしょう。2021年11月にグラスゴーで開催されたCOP26サミットにおける主な結論は、地球温暖化を1.5℃またはそれ以下に留めるという目標の一環として、再生可能エネルギーへの投資を奨励することでした。

言語: English , 日本語

水力発電の管理方法

世界中のプロセスエンジニア, 2022年5月

連続制御

プロセス制御アクチュエータは、精密且つ正確であるため、産業やアプリケーションを問わず、選ばれています。同アクチュエータは調整弁を操作し、自動化でしか得られない高水準の一貫性と信頼性を提供しています。 調整弁はプロセス制御の中核を担っており、アクチュエータから操作すると、流量、圧力、温度等の変数に応じて、液体やガスの流量を変化させます。モジュレーティング用調整弁は、プロセス制御システムや、プロセスシステムの設定値の条件に従って流量を制御しなければならない様々なフローシステムで一般的に用いられています。

言語: English , 日本語

連続制御

世界のパイプライン, 2022年5月

フロー制御が提供するパイプラインの重要安全機能

フロー制御は、石油&ガスアプリケーションのどの部分で利用されているのでしょうか? フロー制御とは産業用アプリケーションにおける液体及びガスの管理のことであり、アクチュエータは石油&ガス業務の重要ポイントのバルブを制御する主要機器です。フロー制御機器は、石油&ガスのあらゆる部門・分野、即ち上流・中流・下流で使用されています。パイプラインとは石油やガスを別の場所に移送するための管路であり、中流作業にあたります。現在のエネルギー情勢では、パイプラインは、特に北米や中東から欧州・日本などの高需要市場に輸送する場合においては、依然として必要不可欠なツールです。ガスの需要はおおむねパンデミック以前の水準に戻り、更には、2030年まで世界的に増加し続けると予想されています。そのため、中流のインフラは、アクチュエータによって安全機能を実行したり、生産地から市場までの石油・ガスの効率的な輸送を可能にする等、効率的で正確な動作を提供し続けなければなりません。

言語: English , 日本語

フロー制御が提供するパイプラインの重要安全機能

水道マガジン, 2022年3月

水道産業におけるフロー制御のメリット

水道産業において、フロー制御は、飲用水と廃水の2分野に寄与していますが、どちらも我々の生活には必要不可欠です。これらは、蛇口をひねると飲用水を入手できるサービス、そして、廃水や下水を管理するサービスのことであり、我々皆が依存している重要なサービスです。アクチュエータは、飲用水及び廃水アプリケーションにおける重要機器です。本記事では上記アプリケーションの要件及び課題に目を向け、フロー制御機器が如何にして世界中の水道施設のスムーズな稼動と成功をもたらしたのかを、具体例を挙げて説明致します。

言語: English , 日本語

水道産業におけるフロー制御のメリット

メンテナンス及びエンジニアリング, 2022年4月

フロー制御、後方互換性、陳腐化管理

フロー制御は新技術ではありません。実際、ローマの水道橋や、古代の灌漑システム、水車を思い浮かべると分かるように、それは、数千年前の歴史記録で初めて登場しています。バルブの技術は、産業革命の時代に進化を遂げ、現在も進化し続けています。そして、この技術が、フロー制御の進化に繋がり、フロー制御が必要に応じて、革新・向上していったというわけです。今日では、液体や気体の流量を制御する様々な産業及びアプリケーションで、フロー制御を見かけるようになりました。アクチュエータはフロー制御を担う主要機器であり、それ以外でも、手動プロセスの自動化に用いられます。アクチュエータは石油&ガス、水道、発電、プロセス産業の様々なアプリケーションで使用されています。フォロー制御は革新し続けており、これによって、長年稼動してきた現場でも、最新の技術を享受できるようになりました。

言語: English , 日本語

フロー制御、後方互換性、陳腐化管理

LNG産業, 2022年3月

怖いもの知らずのフロー制御

フロー制御:天然ガスパイプラインからLNGまで 石油&ガス産業では、アクチュエータが必要不可欠です。アクチュエータはフロー制御、即ち、産業アプリケーションにおいて液体や気体の管理を行っています。フロー制御機器は石油&ガス産業の3部門、即ち、上流・中流・下流のすべてで使用されています。本記事では、従来のパイプラインを取り巻く課題やチャンスは勿論、液化天然ガス(LNG)の生産・輸送用パイプライン独自の状況についても調査してまいります。

言語: English , 日本語

怖いもの知らずのフロー制御

ポンプ&システム, 2022年3月

生産性の最大化に向けたフロー制御資産の管理

フロー制御とは、産業アプリケーションや市場で用いられる液体や気体の流量制御のことです。業界を問わず、アクチュエータのようなフロー制御資産は重要な設備機器であり、石油、ガス、水道、発電、化学処理産業のアプリケーション等、様々な現場に設置されています。 代表的な実例:生産性の最大化に向けたフロー制御資産の管理

言語: English , 日本語

生産性の最大化に向けたフロー制御資産の管理

バルブワールド, 2022年2月

さらにお客様寄りの企業へと

近年、ロトルクは会社の構造改革を行い、組織を再編成致しました。今回の改革の目的は、主にエンドユーザー市場に更に目を向け、ロトルクを取引し易い企業にすることでした。 製品別の4部門から市場別の3部門(即ち、石油&ガス、水道&発電、化学処理産業(CPI))へと移行し、既にこの体制を敷いています。 代表的な実例:さらにお客様よりの企業へと

言語: English , 日本語

さらにお客様寄りの企業へと

世界各地のエンジニア(石油&ガス), 2022年1月

フロー制御の将来

サステナビリティ(持続可能性)を取り巻く問題は、多くの分野において重要ですが、おそらく、様々な石油&ガス産業に特に関係しています。現代世界はエネルギー部門に依存しており、排出量の問題は、環境への影響を最小限に抑えるための行動を起こさなければならないことを意味しています。世界的な温度上昇を阻止し、Co2排出量正味ゼロの将来を達成するには、エネルギーシステムの変革を行い、気候変動の危機に立ち向かおうとする姿勢が必要不可欠です。

言語: English , 日本語

フロー制御の将来

バルブワールド, 2021年12月

データ解析装置が如何にして性能及び現場のアップタイムを向上させるのか?

フロー制御資産から直接抽出した情報やデータは専門システムで解析することが可能であり、適切な性能を保証するための適切なメンテナンス作業をサポートします。 このようなデータを基にした先行保守により、リスクを正確に捉え、故障を早期に予測し、突然のダウンタイムを削減することが可能となります。

言語: English , 日本語

データ解析装置が如何にして性能及び現場のアップタイムを向上させるのか?

メンテナンス&エンジニアリング, 2021年10月

革新的なフロー制御により、持続可能なエネルギーの将来を

ロトルクでバルブ・計装製品の製品管理責任者を務めるAnthony Vangasse氏によると、効率的なフロー制御により、石油・ガス生産時の温室効果ガスの排出を防止することが可能であるため、「2025年までに排出量を正味ゼロにする」という目標に多大な貢献をもたらします。 メンテナンス&エンジニアリングのウェブサイトを訪問する    

言語: English , 日本語

革新的なフロー制御により、持続可能なエネルギーの将来を

バルブワールド, 2021年10月

エネルギーの展望を変える

世界のエネルギー供給の要が化石燃料から再生可能エネルギーへと変化するにつれて、エネルギーのサプライチェーン全体が機能を果たすことが重要となります。水素においては、その生産方法によっては、燃やしても二酸化炭素を排出しないため、有用な燃料源且つ原料です。二酸化炭素を排出しないグリーン水素を生成することで、脱炭素化を実現することが可能です。

言語: English , 日本語

エネルギーの展望を変える

炭化水素の水素化処理, 2021年5月

如何にしてフロー制御がLNG産業で安全性と信頼性をサポートしているのか

世界的なLNG(液化天然ガス)産業の成長は留まるところを知りません。それどころか、LNGの生産及び使用は明らかな成長分野であり、McKinsey & Company社はこの分野は2035年まで、毎年3.6%の割合で成長するものと見込んでいます。世界中でガスの需要が増え、大量のガスが処理・輸送されるにつれて、LNGの使用がますます重要となりました。

言語: English , 日本語

如何にしてフロー制御がLNG産業で安全性と信頼性をサポートしているのか

タンク&ターミナル, 2021年4月

石油&ガス産業における、全ライフサイクルを通してのアセットマネジメント(資産管理)

効率的なフロー制御は、石油&ガス産業において、非常に重要な役割を担っています。アクチュエータ及びフロー制御関連製品は、沖合の石油生産施設、精製、加工、更にはパイプラインや船舶による輸送も含め、上流・中流・下流を問わず、全てのアプリケーションで使用されており、このような資産は保護に値します。本記事では、石油&ガス業界のお客様にとって最大の価値を得るには、なぜ総合メンテナンスが重要なのか、及び、なぜそれを資産の全ライフサイクルの一環と考える必要があるのか、を明らかにします。資産管理システムは、製品の長期信頼性及び可用性という点で重要な役割を果たしており、予期せぬダウンタイムを防止し、石油&ガスを効果的に輸送・提供します。    

言語: English , 日本語

石油&ガス産業における、全ライフサイクルを通してのアセットマネジメント(資産管理)

LNG産業, 2021年3月

LNG(液化天然ガス)における効率的なフロー制御のメリット

LNG(液化天然ガス)産業は、過去10年間で高水準の成長を遂げました。Shellでは、2000年には1億トンだったLNGの貿易量が、2017年1月には約3億トンにまで増加したと見積もっています。利用可能な天然ガスは大量に存在しますが、その殆どが立ち入りが困難な辺境地で発見されており、このような大量のLNGを安全且つ信頼性の高い方法で世界中に輸送する必要があります。フロー制御は、ガスの抽出から液化、輸送(パイプライン輸送・LNG輸送業者による輸送を問わず)、再ガス化、供給に至るまでの全工程で非常に重要な役割を担っています。また、全段階で、安全性と効率性を重視した製品を使用する必要があります。

言語: English , 日本語

LNG(液化天然ガス)における効率的なフロー制御のメリット

プロセス産業の情報提供者, 2020年10月

フロー制御における全ライフサイクルを通しての資産管理

高信頼性且つ高効率のフロー制御機器は、多くの化学薬品産業及びその他様々な製造プロセスの制御において、必要不可欠な部分を担っています。液体・気体・粉体の制御が必要となった時は、必ず、アクチュエータ等のフローえす。制御機器が必要

言語: English , 日本語

フロー制御における全ライフサイクルを通しての資産管理

世界中の石油&ガスエンジニア, 2020年2月

作動中のアクチュエータ

MH Tangが、マレーシアの石油貯蔵・供給施設が制御ネットワークや電動アクチュエータをどのように利用するのかについて説明しています。

言語: English , 日本語

作動中のアクチュエータ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 1 to 20 of 54