ハート

HART

HART® (Highway Addressable Remote Transducer) は、Bell 202電話回線通信規格に基づいて開発された通信プロトコルで、FSK変調方式を採用しています。信号は、アナログ4-20mA直流ループと重畳のデジタル可変周波数信号で構成されます。

一般に、4-20mAループはフィードバックに使用され、重畳のデジタル信号は設定、診断、制御に使用されます。CVAにおける4-20mA信号の設定もまた、一般の4-20mA制御用信号と同じです。HART®デジタル信号を使用した設定やフィードバックは、CVAに接続されたホストで必要なパラメータを選択して行います。

CVAでユーザ設定が可能な項目の大半は、HART®通信プロトコルを介して設定出来ます。さらに、次のHART®パラメータの調整も可能です。

  • HART®タグ
  • アドレス
  • デバイスID
  • 日付コード

詳細はHART 資料のページを参照下さい。