プロセス制御用アクチュエータ

Rotork Process Controls Product Collage

ロトルクプロセスコントロールズは調節用電動アクチュエータを扱っており、製品は主に2つのグループに分かれます。

流量または圧力制御、モーション制御などの調節用バルブアクチュエータ

  • CVA – 最先端の電気や機械のテクノロジーが用いられており、連続的で繰り返し性のあるモジュレーティング性能を、リニアと90度回転の両方に対して、スーパーキャパシターによる任意設定可能なフェイルセイフオプション付きでご提供するものです。ブルートゥース通信によりカバー等を開放することなく設定や診断が行われますので、比類なき高度なバルブ自動制御を行うことが出来ます。
  • GPSA – PIプロセスコントローラを内蔵した小型の調節用アクチュエータです。リニアと90度回転の両方に対応しています。
  • 1000/1600 series – 頑強な構造でコストパフォーマンス性も高く、幅広いレンジを有しています。リニアと90度回転の両方に対応しています。ポンプストロークの調節など様々なアプリケーションに対応可能です。MV-1000/VA-1000, MV-1500, SM-1000, SM-1100/SM-1500/SM-1600

ボイラーやヒーターなどの空気やガス流量制御用の過酷条件用ダンパーアクチュエータ

  • LA2000 – ダンパー、ダイバーターなどのリニアモジュレーティング用で、スピード調節が可能なモデルです。コンパクトでコストパフォーマンス性も高いモデルです。LA-2400 LA-2500
  • SM-1700 / SM-5000 は、豊富なダンパーサイズに対応する信頼性の高いロータリーアクチュエータです。
  • SM-6000 は、最も精度の高いダンパー制御を行うことが出来るモデルです。ボイラーエアーや燃料ガス制御に対して高速、高精度を発揮します。