カナダの油井群にロトルクの空気式アクチュエータが設置される

カナダの油井群にロトルクの空気式アクチュエータが設置される

言語: English, 日本語

19/06/2020

カナダ アルバータ州の油井群に80台を超える空気式アクチュエータ(CP、GP、RC200)を設置しました。設置したCP、GP及びRC200アクチュエータは、in-situ(地層内回収)法の1つであるスチーム補助重力排油法(SAGD)を用いてオイルサンドを抽出するというプロジェクトで使用されます。

SAGD法は地下800mのオイルサンドからビチューメンを回収するために用いられます。このプロセスは坑井刺激法の1種であり、オイルサンド槽に掘削した2本の水平井(上位と下位の水平井には数メートルの間隔をあける)を利用します。上位の坑井に連続的に高圧水蒸気を注入し、ビチューメンを加熱して粘度を下げます。その後、加熱されたビチューメンは下位の坑井へ流れ込み、そこで採取します。採取した温水及びビチューメンは分離施設に運ばれ、分離施設にて、その水は採取され、リサイクルされ、そして、このプロセスを再開できるように水蒸気に変えられます。このプロセスは、従来の方法と比較して、環境への影響を大幅に軽減します。

CP、GP及びRC200アクチュエータは、上記の水平井において、水蒸気とビチューメンの流量を制御しています。水蒸気が適正温度で凝縮するように、且つ、分離施設へのフローをスムーズにするため、常に正確な温度を維持する必要があり、そのため、これらのアクチュエータの精度は極めて重要です。また、空気式アクチュエータは非常に重要な緊急遮断(ESD)動作を実行するため、積極的に使用しました。

油井群は新しいゼロベース設計に従って設計されており、アルバータ州北部にあります。このプロジェクトにより、油井群の地表の専有面積が15~20%削減され、油井群全体のコストが35~55%削減されることが見込まれます。CP、GP及びRC200アクチュエータは過酷な環境の辺境地に設置されており、その地点では、雪が降ると気温が-50度まで下がります。これらのアクチュエータは頑強な設計であるため、このような過酷な条件下でも正常に動作することが可能です。

全てのCP、GP及びRC200アクチュエータはIP66Mまたは67M、ATEX 2014/34/EU、PED 2014/68/EUに準拠しています。

CP及びRC200レンジのスコッチヨークアクチュエータに関しては、複動とスプリングリターンの2種類を用意しております。これらのアクチュエータの最大トルク出力は、それぞれ4,500 Nm (3,319 lbf.ft)と4,400 Nm (3,245 lbf.ft)です。また、オプションで、流体供給部故障時にアクチュエータを操作するための緊急用手動装置を取り付けることが可能です。

GPレンジの空気式アクチュエータは、オンオフ作業や調整作業において、マルチターン及び90度回転動作を提供します。このアクチュエータは防食仕様のシリンダーを搭載しており、フェイルセーフ動作の設定(フェイルクローズまたはフェイルオープン)が可能です。なお、トルク出力は600,000 Nm (442,537 lbf.ft)です。

CPアクチュエータの詳細はこちら

GPアクチュエータの詳細はこちら

RCアクチュエータの詳細はこちら