高度VRCSレンジ

Advanced VRCS

ロトルクの高度バルブ遠隔制御システムは、自己内蔵式マイクロ電池パックE-ACT-C型(一体型電子制御ユニット搭載電油式アクチュエータ)に始まり、メイン及びバックアップ用の通信基板を内蔵した”IN/OUT制御キャビネット”、PDU、シリアルインターフェース、現場制御用のタッチスクリーンパネルで構成されています。

このシステムは、電源及び通信の両面での完全冗長化を念頭に設計されています。万一、各グループの2本の通信線のうち1本が切断されても、残りの1本は接続状態を維持し、機能します。また、1つのE-ACT-Cマイクロ電池パックが損傷又は全損した場合でも、残りの電池パックが接続状態を維持し、電源を供給します。

ロトルク高度バルブ遠隔操作システム(VRCS)の主な特徴及びメリットは以下の通りです。

  • 油圧配管は取り外し可能
  • 障壁の貫通を削減
  • HPPやHSVCより制御キャビネットが小型
  • システムのトータルコストが低額
  • 設置及び保守費用の削減に貢献
  • 全要素の診断が可能
  • 保守費用が低額
  • システムは完全に冗長化
  • ご要望に応じてターンキーでの設置も可能

詳細につきましては、高度VRCS カタログをダウンロードの上、ご参照下さい。