手動操作用ハンドル

K-Tork Manual Override

K-TORKは、空気圧低下もしくは緊急事態の際にバルブを手動で操作できるよう、ア​クチュ​エータとバルブの間にクラッチ式の減速機手動操作用ハンドルを搭載しています。通常の自動操作の場合は、ギアは開放した状態になっているので、アクチュエータは自由に回転し、バルブの​操作を行います。

修理やメンテナンス時にK-TORKアクチュエータを取り外しても、手動操作用ハンドルをバルブに取り付けた状態でバルブを現状位置に留まらせたり、開閉させることができます。

  • 追加の取り付け部品は必要ありません。既存のアクチュエータに
    容易に取り付ける事が可能です。
  • どの位置でもバルブをロックし、現状位置の保持が可能
  • 両方向(全開・全閉) トラベルストップ標準搭載
  • 鋳鉄製ハウジング、硬化鋼ウォーム、銅製セクターギアで長寿命
  • ハンドルは、”全開” 、”全閉”方向表示矢印付き
  • 標準高温グリス。グリスアップ不要

オプション:

  • いたずら防止用のロック機能により、バルブの正確な開度を保証

詳細はK-TORK 文献ページを 参照してください。