PDAによる容易な設定

CVA User Interface

設定

設定及び調整はロトルクEnlightソフトウェアを用いてPDAによるBluetooth®通信にて行われます。Enlightはロトルクのホームページwww.rotork.comから無料でダウンロード可能です。

Bluetooth®にて読み込まれた個々のアクチュエータはPDA画面に一覧表示されます。操作するアクチュエータを選択すると、そのアクチュエータのLEDランプが青色に点滅します。

クイック設定機能(自動校正)

フルストロークをバルブのスパンとする場合、そのリミット調整はEnlightのクイック設定機能を使用すれば簡単に自動で行うことが出来ます。この機能では、CVAはストロークの進行方向に抵抗を受けるまで作動し、その位置をリミットとして記憶します。さらに反対側のストローク端についても同じ動作を自動で行います。

この機能で適用される力は、あくまでリミット設定のためのものですので、調整が終了したならば、プロセスに応じた操作力を設定することが出来ます。設定時に実際にかかった負荷はPDA画面に表示されます。

自動校正が完了すると、PDA画面にバルブのストローク長が表示されます。