制御性

CVA Stick Slip

リニアバルブのパッキンやロータリーバルブのシートでは、スティックスリップ現象のためにオーバーシュートが発生してしまいます。

スティックスリップは、バルブに静的摩擦があるために起こります。バルブが動き出すまでの静的摩擦を乗り越えるために必要な力が、動作後の動的摩擦に対する力よりも大きいために、余分な力が残り、その結果オーバーシュートが生じてしまいます。

また、空気式の場合、バルブを動かすために、動力である空気圧を溜めなければなりません。これが遅れ時間につながります。

CVAは、デュアルセンサー技術によりオーバーシュートを抑制しますので、高い制御性が得られます。