JR シリーズ

JR Series Type K Damper Drive

JRシリーズは、燃料と燃焼用空気を組み合わせて使用するバーナーを内蔵した壁掛けボイラーに特化した設計となっています。JRシリーズがバーナーから生じた2次空気を制御し、スライドスリーブ式ダンパーが空熱比を制御して、空気の分配を均一にします。JRシリーズは、”分割構造”を採用しており、ボイラーやバーナー周辺の高温部から熱に弱い電子機器を遠ざけるため、パワーシリンダーとDPC-777ポジショナが別々に取り付けられています。

パワーシリンダー:

  • 高温定格のリニア式位置変換器(LPT)がDPC-777にフィードバックを行います。
  • デューティー比100%、連続モジュレーティング
  • 直径4インチ:スラスト定格は100 psiの圧力で1,178 lbf. (5,240 N)
  • 直径5インチ:スラスト定格は100 psiの圧力で1,885 lbf. (8,385 N)
  • 6、12、18インチ:ストローク長は数値による調整が可能
  • 周囲温度:+149℃(+300 °F)
  • 現場でフェイルセーフ動作の選択が可能

DPC-777:

  • 精度最高+/- 0.5%のデジタル式ポジショナ
  • 押しボタンによる校正
  • 現場で直動・逆動の選択が可能
  • リミットスイッチ及び連続位置フィードバックオプション
  • 入力:4~20 mA、1~5VDC、0~5VDC、0~10VDCから選択可能

オプション:

  • 手動制御用「リセット」「現場/遠隔」ボタン
  • 終端位置フィードバックアラームスイッチ
  • アナログ式連続位置フィードバック

 

詳細は、Type K メインカタログをご参照下さい。