操作の容易性

シンプル且つ経済的なコミッショニング

シンプル且つ経済的なコミッショニング

設定器を用いて、カバーを外さずに、容易に、安全に、かつ高速でコミッショニングを行うことができます。電源の入切だけで、如何なる環境下でもトルクレベル、開閉のリミット及び制御・検出機能にアクセスし、調整を行うことができます。また、双方向のデータ通信により、複数のアクチュエータを容易に設定することも可能です。

手動操作

手動操作

効率よくバルブを操作するため、直動またはギア式の手動ハンドルをご用意しています。 手動操作機構はモーター駆動から独立しており、モータ起動中であっても、ロック可能なレバーで手動/自動を選択することができます。

スラストベース(マルチターン)

スラストベース(マルチターン)

全サイズとも、スラストベースやノンスラストベースはギアケースから着脱可能ですので、据付けが簡単です。アクチュエータを取り外しても、ベースはバルブに留まり、開度を維持します。

ローカルインターフェース

ローカルインターフェース

ヒューマンマシンインターフェース(HMI)として、IQ3アクチュエータには、大型で視覚性の高い二層画面、現場制御機構、Bluetoothによる無線通信、状態表示、環境シール(オプション)といった特徴があります。 信頼性の高いホール効果センサーを用いて、現場で、カバーを外す必要なく制御を行います。

Bluetooth通信インターフェース

Bluetooth通信インターフェース

IQ3アクチュエータの設定には、Bluetoothによる無線接続を行い、専用の設定器を使用します。これにより、通信ポートを向かい合わせる必要がなく、通信距離も広がり、同時に、セキュリティ機能も格段に向上されました。最初に赤外線通信で設定器とアクチュエータのペアリングを行うと、通信は自動的にBluetooth に移行します。

高度な画面表示

高度な画面表示

二層構造の画面により、-50℃まで維持することができるマトリックス表示で、設定の詳細、状態、診断情報(図表示、文字表示対応)を多言語で得ることができます。従来のアクチュエータと比較して、画面が30%も大きくなり、バックライトにより日差しの強い環境でもコントラストを維持、画面は強化ガラスで保護されています。また、紫外線や砂塵

フィールドバスによるマルチ接続

ロトルクのアクチュエータは、殆どの一般的な産業フィールドバスシステムと互換性をもち、ネットワークカードをメインの電子機器に取り付けてシステムに接続します。また、IQ3レンジは、ロトルク独自の2線式ネットワークシステムであるパックスキャン(有線または無線)に対応しています。

詳細は、

Insight2

Insight2

データダウンロードはBluetooth設定器Proを用いて行い、データの解析はロトルクInsight2という専用ソフトを使用して行うことができます。新たにInsight2を導入したことにより、バルブの設定情報にアクセスし、性能解析を行うことが可能になりました。

リモートハンドステーション

リモートハンドステーションは、IQ3レンジに取り付けて、離れた所から操作するためのものです。危険区域や人が操作しにくい場所から離れた所に設置することができ 遠隔から安全に制御、アクセス、設定を行うことができます。