CK Centronik 制御用

CK Centronik 制御用

インテグラルスタータや制御機構等、標準仕様のCKアクチュエータの全機能を網羅したアクチュエータです。

 

CKC - Centronik付オンオフ制御用アクチュエータ

CKRC - Centronik付調節弁専用アクチュエータ


標準仕様のCKまたはCKRアクチュエータにCentronikのモジュールを追加することにより、現場制御システム搭載スタータ内蔵インテリジェントアクチュエータに変わります。これによって、ハードワイヤー制御や、フィールドバス通信、アナログ式の制御・表示が可能となり、集中制御システムによるコスト効率の高い制御を実現致します。Centronikアクチュエータは、主電源を入れるだけで付属の現場操作スイッチによる統括的な作動テストを行うことができますので、他に結線やモータ制御用のギアを用意する必要がありません。

開閉操作スイッチやロトルク設定器による赤外線通信またはオプションのBluetooth通信を用いて調整作業を行うことができます。設定器からプログラムへのアクセス時には、パスワードの入力が必要となります。Centronikの画面表示は、開度表示の他に運転中の状態やアラーム、設定メニューで構成されています。Centronikはデータロガーを搭載しており、アクチュエータの始動回数、状態、履歴などを画面で確認することができます。

 

インテグラル型制御
「インテグラル型制御」とは、内部にモータスイッチと、電源のオン及び現場でのコマンド信号だけ動作する電子制御機器を搭載したアクチュエータのことを言います。

インテグラル型制御により、DCSや現場制御システムから完全に切り離してアクチュエータを設定することができ、現場での据付けやコミッショニングを予定時間内に完了することができます。

 

アクチュエータの表示
CKcアクチュエータの画面はバックライト付きで、直射日光や悪天候時でもアクチュエータの位置と動作状況を正確に表示します。画面には、位置、トルク、アラームの状態、接続状況を表示するLEDが搭載されています。また、画面の両サイドに搭載されているため、どの角度からでもアクチュエータの動作状況を閲覧することができます。

 

相順補正機能

3相電源の相順が間違って接続されていても自動的に相順を訂正する機能を内蔵しています。操作指令に対しいつでも正しい方向に作動しますので、アクチュエータの損傷を防止しスムーズな試運転調整が行われます。

 

Insight2ソフトウェア
Ckcアクチュエータは、アクチュエータ側のBluetoothが「有効」になっていれば、Bluetooth通信を用いて、アクチュエータの構成、設定、データロガーファイルをRotork設定器に転送することができます。このファイルはさらに、PC用ソフトウェアRotork Insight2に転送することにより、状態解析やアセットマネジメントに活用することができます。 また、Bluetooth対応のPCでInsight 2を起動し、現場のアクチュエータに接続することもできます。

 

ネットワーク接続
Ckcアクチュエータは、Rotorkパックスキャン™、プロフィバス®、ファンデーションフィールドバス®、モドバス®、ハート®等、ほとんどのフィールドバスシステムと互換性を有しています。