CKスイッチ機構

機械式スイッチ機構(MSM)
機械式スイッチ機構が開度やトルクを即座に検知し、IP67定格の防水型マイクロスイッチがストローク端やトルクリミットを表示します。ストローク端でのトルクリミットを設定したり、開閉両側で位置リミットを設定するには、カバーを開けて設定を行う必要があります。

外付け表示ドライブ(AID)

オプション対応となりますが、スイッチ機構もしくは直流ポジショントランスミッターの出力側にモジュールを追加して、開度表示計や、中間位置スイッチ、ポテンショメータを取り付けることができます。ポテンショメータやCPTは、アナログ式の位置信号をユーザーインターフェースに直接送信するか、あるいは、機械式スイッチ機構と組み合わせることでCentronik制御モジュールを中間位置で作動させます。

デジタルスイッチ機構(DSM)

デジタルスイッチ機構搭載Centronik CKアクチュエータは、複数のギアからなる冗長性と自己診断機能を兼ね備えた絶対エンコーダーを使用することで、絶対位置を検出することができます。

トルクの検出は、デジタルスイッチ機構に組み込まれた外付けのセンサーによって行われ、定格トルクまで正確に測定を行います

位置及びトルクに関する情報は、Centronikモジュール内で処理され、ダンパーのバルブの動作を完全に制御します。アクチュエータの状態は継続的に監視され、アクチュエータのデータロガー内に数値で記録されます。